SAYAKA MURASAWA

SAYAKA MURASAWA

コンテンツ第一事業本部 村澤 紗也佳

デザインコンテンツで世界一に

市場を味方にするための決意と覚悟

2010年3月、新規事業としてデジタルコンテンツの「きせかえ」カテゴリーに最後発で参入しました。 「きせかえ(wallpaper)」は日本国内だけでなく、世界でもTOPクラスの大人気カテゴリーの為、競合他社も非常に多く参入しており、100社中100位からのスタートでした。

「ワンアイデアでセカイを変える」という企業理念のもと、ターゲット・インサイトからMD、店づくりなどトータルなマーケティング計画のもと、 お客様の声を声とすることで、必ず市場に受け入れてもらうという信念をもとに、事業成功のために社員一丸となって知恵を結集し、スタートさせました。

フリーミアムで始めて、口コミで流行らせる

競合100社中100位の存在で、他社と同じことをやっても、市場への認知・浸透のインパクトは少ないと考え、 通常300円~500円という価格帯のコンテンツを、10円もしくは無料で、まずは新規ユーザーにバラマキました。

「良いものは1回使っていただければ必ずお客様は受け入れてくれる」をモットーに「ソーシャルコマース(口コミ)」を軸としたマーケティング施策を展開し、 サービス開始から僅か9ヶ月間で、TOPサイトの一つの目安である100社中5位のマーケットシェアを獲得しました。

モノの売れ方が変わった時代に求められる変化

スマートフォンの登場により、ソーシャル・マーケティングのニーズがかつてない程の勢いで拡がっています。 また、モノの売れ方も大きく変わってきています。私たちインクルーズは、 従来のフィーチャーフォンで培ったコンテンツ配信ビジネスのノウハウをベースに、スマートフォン向けに商品を企画・運営し、 「ソーシャル・コマース(口コミ)」で、モノやコンテンツを売る仕組みを構築します。

つまり、世界の全人口73億人がこれからのお客様であり、またその規模の中で発展していく為には今までの「経験」に裏付けられた「マーケティング力」が競合他社との圧倒的な差別化になります。 スマートフォン、タブレット、新たなテレビの楽しみ方など、常に市場の動向と歩幅を合わせながら、生活シーン起点のシチュエーションニーズの開拓をしたいと考えています。


各事業ポイントを現場のキーマンが語る

コンテンツデザイナー

MINAMI YAMASHITA

シニアコンテンツデザイナー 山下 南

「dメニュー」の「きせかえ」カテゴリーで1位を獲得!

Androidスマートフォン向けのコンテンツ配信の第一弾として、インクルーズの主力サービス「きせかえ×キセカエ」を2011年11月よりNTTドコモ「dメニュー」にて配信開始しました。 50サイトを超える競合がひしめく中、フィーチャーフォンで培ったデザイン力とコンテンツ・アグリゲーション力を活かし、きせかえカテゴリー初登場3位を獲得。 2017年8月には悲願のきせかえカテゴリー1位を獲得し、スマートフォンでも「きせかえ×キセカエ」が、きせかえサイトのTOPブランドであることを証明しました。

UIデザイナー

NATSUKI ONAKA

UIデザイナー 大仲 夏生

左目はプロの視点、右目は生活者の視点で。

モバイルやインターネットの強みとしては、日々、お客様の訪問動向が数値で把握できることです。TOPページに来て、すぐ帰ってしまう数値が大きければ、翌日にすぐ改善施策を行います。 退会者を1分単位で追って、何故、どこで、退会したかをフォローしていくこともできます。お客様にストレスなく楽しんで買い物をしてもらうための導線設計を日々改良しています。

しかし、数値分析だけに頼るのではなく、「そもそも何故…か?」を常に生活者目線で考え、「こうしてくれたらいいのに…」を、一人の生活者として考え仮説を組立て、 それを検証するツールとして数値分析を使っています。プロの目と生活者の目の両眼で捉えることが何よりも大切だと考えます。

アートディレクター

SAKI IGURA

コンテンツディレクター 井倉 早葵

きせかえの海外配信を開始

スマートフォンのコンテンツ人気ランキングでも、ゲームに次ぐ人気NO1コンテンツであり、インクルーズの主力事業である「きせかえ(wallpaper)」事業の海外展開を担当しています。 きせかえコンテンツの海外配信のテストマーケティングとして、2012年に韓国市場での試験的配信を実施しました。 その経験を踏まえ、現在は、台湾、タイ、韓国、マレーシア、シンガポール、インドネシア及び北米へ「LINE着せかえ」にて海外で配信中です。 「COOL JAPAN」の代表格とも言える日本発のキャラクターきせかえは、海外でも確実にユーザーニーズを掴めると確信しています。

シニアディレクター

RYOSUKE KATO

シニアコンテンツディレクター 加藤 諒亮

LINEスタンプ事業に参入!

「デザインコンテンツ」領域で、国内TOPクラスの実績を持つインクルーズが新たに勝負する領域は「LINEスタンプ」です。 2014年10月、インクルーズの強みである「デザイン力」と「企画力」を活かせる領域であるLINEスタンプ事業へ参入しました。 記念すべき参入第1弾としてリリースした「面倒だがトリあえず返信」は、LINEクリエイターズスタンプランキングで瞬く間に1位を獲得。その後も40日間連続で1位をキープし続けました。 その勢いはLINEスタンプの枠に留まらず、「面倒だがトリあえず返信」というワード自体が大手検索エンジンの月間検索クエリー数でTOP10入りし、 地上波TVの有名情報番組や大手ネットメディアでも大々的に紹介されました。

今後は「面倒だがトリあえず返信」シリーズの「めんトリ」の仲間たちの拡大に加え、「めんトリ」と有名IPとのコラボスタンプや芸能人スタンプも続々リリース予定です。

コンテンツデザイナー

MIZUKI MORIYAMA

コンテンツデザイナー 森山 美月

僅か1年で有料100万ダウンロードを突破!

2014年10月に「LINEクリエイターズスタンプ」で第一弾をリリースした 「面倒だがトリあえず返信」シリーズは2015年9月で早くも累計100万ダウンロードを突破しました。 その勢いは留まる事を知らず、 2016年12月には「LINE Creators Stamp AWARD」に2年連続で入賞し、2017年1月には日本限定「LINE公式スタンプ」を2ヶ月連続でリリース。 2018年4月には「LINE公式スタンプ」と「LINEスポンサードスタンプ」を除く、「LINEクリエイターズスタンプ」だけの有料ダウンロード数が全世界で250万ダウンロードを突破しました。

また、「面倒だがトリあえず返信」シリーズの全世界でのスタンプ送受信回数は「LINEクリエイターズスタンプ」だけで27億回を超え、 全世界でもTOPクラスで「非常に使われている」アクティブなスタンプである事がわかります。

2015年5月には「LINEクリエイターズスタンプ」から生まれたキャラクターとしては「初」の事例となる 全国のアミューズメント施設内でのUFOキャッチャーのぬいぐるみプライズ商品化を皮切りに、数多くのソーシャルゲームとのコラボも実現。 2017年12月には悲願となる「めんトリ」アニメ化も実現しました。

「めんトリ」に加え、「イモウト」や「ひよこ」や「ヒデヨシ」や「ぺんぐいん」などの新しいめんトリキャラクターズも登場し、 それぞれのソロLINEスタンプでもランキング1位を獲得するなど、 「めんトリ」ワールドとその人気は広がり続けています。