キャラクター事業

オリジナルキャラクターを世界へ

あの「面倒だがトリあえず返信」シリーズの
    「めんトリ」のライセンス展開を開始!

LINEクリエイターズスタンプから生まれたインクルーズのオリジナルキャラクター「めんトリ」のキャラクター事業を2015年5月より開始しました。

インクルーズは120社を超えるライセンサーと直接契約し、お借りした「ムーミン」、「進撃の巨人」などの有名IPライセンスを、インクルーズで「編集・アプリ化」し、「きせかえ×キセカエ」を中心とする待受け・きせかえアプリの自社ポータルサイトで月額課金及び個別課金するコンテンツ課金事業を展開して参りました。

お陰様で「きせかえ×キセカエ」はフィーチャーフォン(月額課金・個別課金)、スマートフォン(月額課金・個別課金・月額課金取り放題)の多種多様な国内のアプリマーケットでTOPクラスのシェアを獲得し、ユーザー様から高い支持を得ています。

この度、インクルーズがこれまで培ったIPライセンスのアプリ化、商品化ノウハウを、自社IP「めんトリ」に投入し、各社様と連携しながら、ネットでの商品化は元より、リアルでの商品化も推進します。

2016年度のキャラクタービジネス市場規模は前年度100.7%で2兆4,456億円の堅調推移が予測されており、インクルーズとしてもホームランが出せる市場で勝負が出来る事を心より楽しみながら、全力で挑戦したいと考えています。

各事業ポイントを現場のキーマンが語る
僅か1年で有料100万ダウンロードを突破!

2014年10月に「LINEクリエイターズスタンプ」で第一弾をリリースした 「面倒だがトリあえず返信」シリーズは2015年9月で早くも累計100万ダウンロードを突破しました。
2016年12月には「LINE公式スタンプ」として、同月内で2本リリースするなど その勢いは留まる事を知らず、有料販売での累計ダウンロード数は2017年6月には 公式課金スタンプ及び無料広告スタンプを除く、 クリエイターズスタンプだけで、全世界で220万ダウンロードを突破しました。

至近3カ月間での「面倒だがトリあえず返信」シリーズの全世界での送受信回数は2億を超え、ダウンロード数以上にユーザー様に非常に愛されているIPとも言えるかと思います。

2015年5月には「LINEクリエイターズスタンプ」から生まれたキャラクターとしては「初」の事例となる全国のアミューズメント施設内でのUFOキャッチャーのぬいぐるみプライズ商品化を皮切りに、数多くのソーシャルゲームとのコラボも実現しています。

「めんトリ」に加え、「イモウト」や「ひよこ」や「ヒデヨシ」などの新しいめんトリキャラクターズも登場し、 それぞれのソロLINEスタンプでもランキング1位を獲得するなど、 「めんトリ」ワールドとその人気は広がり続けています。

台湾で大人気!

全世界で大人気の「面倒だがトリあえず返信」シリーズの「めんトリ」ですが、日本と同等な位に圧倒的な人気を博している国が台湾です。

台湾での人気を踏まえ、インクルーズでは全世界版に加え、台湾限定で、「台湾語バージョン」もリリースしています。

お陰様で、リリースをする度に台湾でのLINEクリエイターズスタンプランキングでは1位を獲得しており、台湾での更なる展開も検討しています。