MIHO YANO

MIHO YANO

コンテンツ・アグリゲーション事業 矢野 美帆

120を超えるIPを世界へ

提携するライセンサーのIP価値の最大化を支援

インクルーズの大きな財産の一つが「きせかえ事業」での120社を超える有名ライセンサーとのIP(IntellectualProperty)契約と10年以上続く関係値です。

その財産を活かす新規事業として、2017年12月より、コンテンツ・アグリゲーション事業を開始しました。


コンテンツ・アグリゲーション事業の第1弾は、「在庫リスクゼロ」のオンデマンドプリントECプラットフォーム「カワセル」の提供です。


インクルーズが提携する120社を超える有名ライセンサーに対し、オンデマンドプリントECプラットフォーム「カワセル」を提供し、 インクルーズが強みとする「スタンプ(Sticker)」や「きせかえ(wallpaper)」に代表されるデジタルアイテムに加え、 最大40種類のリアルなキャラクターグッズを販売する為のECサイトの企画・構築・運営・決済・配送と、 キャラクターグッズの企画・制作・在庫管理の仕組みを「フル・レベニュー・シェア型」で提供します。

ライセンサーの視点に立てば、ライセンシーに頼る事なく、「在庫リスクゼロ」で最大40種類のリアルなキャラクターグッズを自由に商品化する事が可能になる為、保有するIP価値の最大化が実現できます。

例えば、2016年度の物販系のモバイルコマースビジネスの市場規模は1兆6,055億円で、 キャラクタービジネスの市場規模は2兆4,456億円。

これはあくまでも日本国内だけの数字で、2つの巨大な成長市場を掛け合わせる 「仕組み」をインクルーズが提供し、世界をターゲットとしたサービスを展開する事で、 より大きなビジネスチャンスが期待できます。


「ワンアイデアでセカイを変える」インクルーズの新しい挑戦に注目ください。


各事業ポイントを現場のキーマンが語る

コンテンツデザイナー

YOSHITAKE SAKONAKA

シニアコンテンツデザイナー 窄中 芳滝

有名IPとの関係値を横展開

コンテンツ・アグリゲーション事業の第2弾として、サイバーエージェントグループの株式会社シーエー・モバイルと共同で「おとなのキャラクターズぬりえ」を2018年4月より配信開始しました。

スマートフォンデバイスでの「おとなのぬりえ」が楽しめるサービスで、GooglePlayとApp Storeでのサブスクリプションモデル(月額課金)になります。

近年、「こども」だけでなく「おとな」のぬりえ市場が急激に拡大しており、そのマーケットニーズに応える為の新しいアプリケーションになります。 昔からある「ぬりえ」という大人気コンテンツをアナログな紙から、デジタルなスマートフォンに置き換えるに当たり、 インクルーズは有名IPのコンテンツ・アグリゲーションと「ぬりえコンテンツ」の制作を担当しています。

インクルーズでは120社を超える有名IPのコンテンツ・アグリゲーション数を誇る「きせかえ事業(wallpaper)」で培った 有名IPとの関係値を横展開可能な新サービスを今後もどんどん展開予定です。